化粧ノリが悪い時期の対策

肌が乾燥して荒れてくると、化粧のノリが悪くなってしまうということに悩まされてしまいます。
化粧をしていても、毛穴が開いていたり、皮膚があれていたり、ファンデーションが浮くということに困っている人も多いのではないでしょうか。
これがなぜ起こるのかといえば、冬は肌の血行が悪くなることに何よりの原因があります。

肌の血行が悪くなると肌の新陳代謝も低下してしまい、生まれ変わりの頻度が悪くなってしまいます。
肌がしっかりと生まれ変わることができないと、肌のターンオーバーができなくなってしまいます。
それによって鼻や口元などの部位があれてしまい、化粧が乗らないことの原因になってしまうのですね。
肌のくすみが気になってきたなら、まずは角質ケアから意識していきましょう。

毛穴の開きが気になる人には、コットンパックによるケアがおすすめです。
肌が水分を失ってくると、毛穴は皮脂を分泌しなければならないため、開くような仕組みになっています。
しかし、毛穴が開いたままになってしまうと当然汚れがその中に溜まってしまうことになり、にきびの原因になるのです。
毛穴の開きを予防するためには、日常的に肌の保湿を意識してケアしてあげる必要があります。
肌の乾燥が気になって来たら、メイクをする前にオイルマッサージをするように習慣づけてみましょう。
美容オイルを手のひらに垂らして温め、それを肌になじませるようにマッサージをする方法です。
オイルマッサージをすることで肌の血行を促進させ、新陳代謝も回復させるので高い効果があるのです。
冬の乾燥する時期に困ったら、ぜひ試してみてください。